未婚化・晩婚化

平均結婚年齢は年々上昇し、未婚率も上昇しており、非婚化・晩婚化が進んでいます。
要因については、一般的には女性の高学歴化や社会進出(賃金労働者化)が言われているが、他にもいくつもの指摘があります。

男性の収入の不安定化
『「婚活」時代』の著者、山田昌弘が指摘。男性は収入が低く、将来の見通しが不安定だと、結婚率が低くなる(女性の場合は、年収と結婚率に相関関係はみられない) この現象は、1980年代から零細農家や小規模商店の男性が結婚できないという形で徐々に現れていたが、政府・自治体やマスコミでは「低収入の男性を差別することになる」 としてタブー視され、触れられなかった。 1990年頃までは、大多数の男性は年功序列制度により、若い間は収入が低くても将来収入が増える見通しがあり、収入及び将来が不安視されることはなかった。 だが、1990年代に入り、ニューエコノミーへの転換、グローバル化の進展に伴い社会構造が変化した結果、少数の正社員と多数の非正社員が必要な状況へと変わっていった。 この結果、多数の男性がフリーターなどの収入が低く、将来の見通しが不安定な状態になり(またそこから抜け出すことができず)、結婚しづらい状況となった。

女性の専業主婦志望
同じく、山田昌弘が指摘。専業主婦を志望する女性にとっては男性の収入が低く、将来の見通しが不安定だと結婚相手として認識しづらくなる。 ただし、「専業主婦となっても生活水準を維持できるだけの収入がある男性」は少なく、低収入の男性が結婚相手として選んでもらえないという言い方をするならば、 専業主婦となることを望む女性もまた、少数の高収入の男性に選ばれる立場になっているという言い方もできる。

社内恋愛の減少
岩澤美帆、三田房美が『日本労働研究雑誌』2005年1月号「職縁結婚の盛衰と未婚化の進展」で指摘。従来、社内恋愛は大切な出会いの場であった。ところが、 就職氷河期により女性社員も採用が減り、インフォーマルな付き合いも減ることにより、社内恋愛の機会が減少、機会の減少に伴い、社内結婚も減少したという。 また、社内で男性が女性にプロポーズすることでセクハラと訴えられる事例が頻発しており、その状況に陥った場合男性側が社会的地位を喪失する場合が多いため、 男性が社内恋愛に及び腰になっているとの指摘もある。

お見合いの減少
同じく、岩澤美帆、三田房美が指摘。上記の社内結婚とお見合い結婚の減少で、初婚率の低下のほとんどは説明がつくという

等 こうして“特に活動を行わなくてもなんとなく結婚できたシステム”が崩れ、モテる人とモテない人が二極化。結婚のためには活動が必要になった


お見合いサイト
e-お見合い
ネット婚活サイト
ピュアアイ
オーネット
オーネット
ユーブライド

戻る


(c)結婚相談所